キリツボの由来

昭和63年、筆名「川田 忠」の執筆活動の拠点として有限会社カワタ企画出版を設立し、書籍の企画・出版、新聞や雑誌の原稿執筆を中心に活動を展開してきました。
平成3年、筆名を「生駒忠一郎」に統一したことを機会に日本文学の最高傑作の一つである「源氏物語」を目標に掲げ、文学的な活動を行うことから、商号を源氏物語第一巻「桐壺」に由来する、「キリツボ企画」と変更し、今日に至る。